応用生物学科 ブログ

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 中級バイオ技術者をめざす人のための学科情報ブログ 応用生物学科

オープンキャンパス・体験入学

応用生物学科blog

2019年07月11日 【緊急事態?!】就職戦線異状あり!(今後どうなる?)

今年も順調に推移している応用生物学科の就職活動です。
一部上場企業から地元の優良企業までそれぞれに合った
会社に内定が出ています。

6月1日が内々定を出せる目安であり内定は10月1日からというのが
おおよそ世間一般で言われている状態ですが、あくまで目安ですね。
早い人はもっと前から出ております。

さて、非常に違和感を覚えている今日この頃です。
それはここ数年「受けると受かる」ぐらいの状態だったのですが
今年は「受けても落ちる」という人が出てきました。
準備ができていなければ当然なのですが、明らかに企業さんの
選考がなりふり構わずという状況ではなくなってきていると
感じます。

人手不足と叫ばれてここ数年人を一生懸命採用してきた様々な会社が
「やっぱり自分の会社に合った人材」が欲しいと思ってきているのかなと
感じます。なんとなく潮目が変わり始めている気がするのです。
それが現場教員の肌感です。来年の夏はオリンピックなどがあり
またちょっとスケジュールにも「例年通り」というのが通用しないように
なってしまうのかもしれません。

学科でも学校でも情報収集のアンテナを張り巡らせて行きます。

n-90811554 at 11:16 | この記事のURL | |

2019年07月02日 【急がばまわれ】大学行くなら編入学もある(3年次からスタート)

今年の梅雨は教科書のような梅雨になりました。
一方で九州・四国・中国地方の人達は豪雨となっているようで
これ以上の災害にならないことをお祈り申し上げます。

さて、就職は絶好調なんですが大学編入に関してももう合格内定が
出ております。日本工学院八王子専門学校の応用生物学科は
姉妹校に東京工科大学があります。そこの応用生物学部の暖簾分けとして
スタートした経緯もあり編入学がスムーズにできます。

今年も3年次編入学で専門学校2年、大学2年の計4年で
大学卒業まで行けます。なにより、同じキャンパスに通いながら
大学を目指してタイムロスなしで行けるというのは魅力的なシステムです。

当然、学校推薦になりますが応用生物学科の半数以上の学生さんは
学校推薦の対象者。就職希望者も多数のため大学編入での倍率は
気になるものではありません。

勉強もしないで学校にも来ないで、提出物出さないでというわけには
行きませんが普段の学校生活と授業で成績を取るだけですから
一発勝負の大学受験よりやりやすいでしょう。
今年も合格しました!と報告に来てくれた人たちが何人もいました!

DSC_5587









来年の春からは大学3年生!残り9ヶ月ぐらいです!がんばれ!!

n-90811554 at 13:55 | この記事のURL | |

2019年06月27日 【台風対応】2019年6月28日(金) 講義情報

明日 2019年6月28日(金)に登校時間付近で台風の影響が懸念されます。

応用生物学科では学則に基づき以下の通りにて休講を決定致します。
(同内容は桑都も参照してください)

ただ、応用生物学科では実習の関係上連続して2日間の作業を行っているため午前休講となっても安全に登校が可能になった段階より実習を行います。
また、座学講義に関しては休講となった場合、9月9日からの2nd クォーターのテストまでに振替講義を行います。
担当教員からの連絡を確認してください。

JR中央線(東京←→高尾)または、横浜線が不通の場合は、下記のとおりといたします。
1.午前6時の時点で、運行再開の見込みがたたない場合は、午前休講とする。
2.午前11時の時点で、運転再開の見込みがたたない場合は、午後休講とする。
その他の事由による場合は、状況に応じて決定しますので、学科から連絡いたします。
なお、登校する際には状況を判断し、身の安全を最優先に考え登校してください。
また、休講となった場合は「自宅待機」とし、不要不急の外出は控えてください。

n-90811554 at 16:48 | この記事のURL | |

2019年06月25日 【地域創生】プロジェクトで地域に恩返し

今年のプロジェクトは特に「地域に恩返し」を
キーワードに活動してくれている学生さんがいます。

山梨から来てくれている学生さんは山梨の冬と春のお土産がない!と
地元ならではの困りごとを。夏や秋は果物を上げると喜ばれるが
それ以外の時期は有名な「○○餅」のようなお菓子かワインしか
なくなってしまうのですとの事。

いろいろ探してくれて今チャレンジを始めています。
そして試作第一弾は。。。。
DSC_5573









生ハム
グリッシーニを作ってくれました。
単なる生ハムグリッシーニではありません。が詳細はまた今度!
企業秘密です!

n-90811554 at 17:20 | この記事のURL | |

2019年06月20日 【体が透けるってホント?】科学でアート 透明標本づくり(1)

梅雨にはいり晴れる日が少なくなってきましたが
ちゃんと水を蓄えて夏に向かいたいものです。

パッションフルーツも順調に背を伸ばしはじめています。
この時期はある意味お日様が強すぎない程度が良いのでしょう。
しっかりと根を張り元気に育つ準備をするときですね。

さて、話は変わりますが「体が透ける」って聞いたら信じますか?
もちろん生きながら透明になることはできませんが、標本としてなら
透明になることはできます。
ということで、応用生物学科で様々なイベントに参加してくれて
実験室で癒しをくれている様々な生き物たちが天寿を全うして
しまうことがあります。その子たちに協力してもらい新たな
取り組みにチャレンジしてみたいと思います。

ということでまずは第一歩。お魚屋さんで買ったのも交じってますが
うまくできるかどうかはお楽しみです。
DSC_2858

n-90811554 at 15:45 | この記事のURL | |