応用生物学科 ブログ

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 中級バイオ技術者をめざす人のための学科情報ブログ 応用生物学科

オープンキャンパス・体験入学

応用生物学科blog

2020年11月21日 視察いただきました

11月21日(土)です。東京都の感染者数は過去最高を
記録した今週、3連休ですが再び自粛モードでもありますね。

応用生物学科としても学びの中心であるバイオテクノロジーを
踏まえた感染症対策もしながら、対面授業とオンライン授業を
交え、さらにプロジェクトのような課題にも取り組んでいきます。

そんな中、地元八王子から選出の衆議院議員であり現役の
文部科学大臣である萩生田光一先生がご来校されました。
応用生物学科では地域の課題を地域で解決するプロジェクト
「八乃醸」をやっていまして昨年卒業された先輩の内容を
後輩の在校生さんが発表してくれました。

作ったのはパッションフルーツをイメージした香水です。

DSC_7383



















発表を前にちょっと緊張気味です。

DSCPDC_0001_BURST20201121110530298_COVER











大勢の大人に囲まれての発表ですが短くコンパクトに
スマートな発表でした!ぶっつけ本番に近かったにも
関わらず横で聞いていましたが良くまとまっていました。
これも日頃の鍛錬の結果がでましたかね?

特別授業としてこの後、萩生田大臣の講演もありましたが
皆さんに向かってのエールをいただく形でとても
聞きやすい面白い話だったと感じました。

n-90811554 at 13:5 | この記事のURL | |

2020年11月18日 新しい生活様式の中での授業

本日、11月18日(木)の東京都の新規感染者は493人と
なり、過去最高となってしまいました。
検査件数などにも左右されるものですが、はやりドキッと
させられてしまう数値でした。

このような中でも学びを止めることはできません。
オンライン授業と登校授業を組み合わせて応用生物学科は
進んでいきます。

マスク着用や密の回避、食べ物を介しての感染拡大を
防止する等は当然ですが、今までインフルエンザ対策で
持っていたものもしっかりと活用中です。

DSC_7378











まずは自動の石鹸ポンプです。手洗いを奨励するとともに
残渣による接触を防ぎます。

DSC_7376



















旧型ですが加湿器です。やはりウイルスの特性上、湿度が60%の
状況下では明らかに飛沫が遠くまで飛ぶのを抑えたりできます。
電気ポットのように大型なので8時間連続運転しても水が持ちます。

DSC_7377



















ぱっちぃとたてにゃんのエタノール噴霧器も使いますが、
はやり自動のものも同時に上手に運用していっています。
減りが早いのは学科の皆さんの意識の表れでしょうか。
手洗いが優先ですが。

先日、エタノール消毒薬の正しい使い方の話をしたら
多くの人に驚かれました。業界の常識は世間の非常識でも
あるのかもしれません。
近々消毒剤の使い方の動画を作ってみようと思います。



n-90811554 at 16:46 | この記事のURL | |

2020年11月10日 新型コロナウイルスはいつまで?

北海道でも新型コロナウイルス感染者が増えてきました。
1日100人と聞くとたいしたことではないように聞こえますが
10日で1000人、1カ月で3000人の新規感染者です。
北海道は面積が広大なので密度的に考えるとスカスカですが
そもそも人がある程度集まっていないと感染が拡大しないので
局所的な密度は高くなっていると考えられます。

また、クラスター(集団)も病院、職場、学校、家庭と
発生しており難しい対応が迫られていますね。

8日(日)にNHKで新型コロナウイルスに関する論文を
AIで読み解くという特集がされていました。
そこには非常に興味深い結果が多く出されていました。

詳細は割愛しますが、今まで知られていたウイルスと
同じようにマスクや加湿器が感染拡大に効果があると
示唆されていました。
非常に興味深いマスクに関する研究ではマスクをする事で
症状が軽症化されやすく場合によっては無症状で済んでいる
という事です。これは少量のウイルスを複数回に分けて
体内に侵入させることで免疫細胞を強化している可能性を
示すとの事でした。
また、加湿器による湿度の上昇は飛沫シミュレーションにおいて
その距離や滞空時間を減らすのと同時に、ウイルスの不活化までの
時間を大きく減らしていました。
更には喉にある繊毛という異物を排出させるシステムも
湿度が高い方がよりウイルスを早く外に出せる働きをしている
という事も分かったそうです。(湿度60%程度)

AIや富岳などのスーパーコンピューターを利用して
人の目には見えなかったものをコンピューターの目で
見えるようにしたものです。

やはり、マスクの着用、加湿器の稼働、手洗いという
基本的なウイルス対策が一番大切なのではないかと
考えさせられるものでした。

世界最大の製薬メーカー「ファイザー」が人での臨床試験で
90%の参加者に効果があったとの事で年内にもワクチン提供が
できそうというニュースもありました。

湧いて出たような感染症に対してバイオテクノロジーをはじめ
多くの人類の英知やシステムを使い戦った結果、もしかすると
そう遠くないうちにこの新型コロナウイルスに対する戦いに
終わりが見えるかもしれません。

ただし、そのためには人類全員の普段からの小さな努力の
積み重ねが必要だと思われます。

n-90811554 at 10:9 | この記事のURL | |

2020年11月04日 【産学連携】オリジナルアルコール消毒剤

応用生物学科と山形県の楯の川酒造が産学連携で
オリジナルアルコール消毒液づくりと活用の
プロジェクトを発足させました。

さらにはデザインカレッジ グラフィックデザイン科に
協力を呼びかけ、オリジナルラベル(2種類)を作成。
八王子キャンパスのオリジナルキャラクター「ぱっちぃ」と
楯の川酒造のゆるキャラ「たてにゃん」がタックを組んで
新型コロナウイルス感染症という鬼を退治しに行く
ストーリーのラベルを作成してもらいました。

ちょっとづつまた増加傾向にある新型コロナウイルス。
風邪様の症状を出すウイルス感染症は冬に猛威を振るう
特徴があります。是非とも皆さんも手洗い・消毒を
しっかり行って備えていきましょう!

DSC_7256

n-90811554 at 18:0 | この記事のURL | |

2020年10月19日 分析は何のために?

学生さんが「分析の仕事」に携わりたいという夢を
語ってくれます。とても良いことだと思います。
でも、そもそも分析は何のためにするの?という
考え方を持っていただくのがよいと思います。

結局仕事は分担とはいえ、原料から製品にして初めて
成立するのです。生産者さんから消費者さんに渡るまで
全部知っておく必要がありますね。

DSC_7220










DSCPDC_0000_BURST20201016133604796










応用生物学科にしては珍しい作業風景ですがこれも必要な
作業です。何をしているのかって?

それはまた今度!お楽しみにしてください。







n-90811554 at 10:34 | この記事のURL | |