応用生物学科 ブログ

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 中級バイオ技術者をめざす人のための学科情報ブログ 応用生物学科

オープンキャンパス・体験入学

応用生物学科blog

2021年05月26日 諦めかけたときに結果が出る

日々の努力を積み重ね、コツコツと面白くもない事を
やり続ける。結構大変ですね。

とある会社の方に言われてハッとした言葉
「日々の努力は厳しく辛いが売上がそれを癒やす」
正しい努力の方向もあるものの無意味そうなことでも
意味を付けてやることで成果が変わったものになり
結果が出ると、それが達成につながるということ。

植物に毎日お水をあげるのはそれに似ているかもしれません。
応用生物学科では不思議な植物の栽培にもチャレンジ。

DSC_8087何年前に買ったんだったろう?

トゲトゲのフィンガーライムです。
フィンガーライムって知ってます?
森のキャビアなんて言われる
プチプチした果肉が詰まるライムです。

ライムなのでとても爽やからしく
ツブツブの感じが楽しいのだとか。

買ってみてわかりましたが棘があって
バラみたいです。収穫は大変だなと
思って数年。全然何も起こらず
毎日水をあげるだけの日々でした。

なんと、花が咲き実がなっているではないですか!
数年越しの成果にテンション上がりました!!

ただ、いつ熟すのかな?もう食べれるのか?
色は変わる種類だったような、なかったような、、、。

植物は生き物!もう一度勉強してこのあとの展開を
考えたいと思っています。
諦めずに継続し続ける!これはとても大切ですね!!

n-90811554 at 12:13 | この記事のURL | |

2021年05月19日 「きれいになる」の底力を見た(新商品開発LABO(仮))

新商品開発LABO(仮)の(仮)は何で仮なのか?と
聞かれましたが、メンバーで自分たちの活動の名前を
決めたいと思っているからです。とはいえ、名前がないのは
寂しいのと呼びづらいので(仮)で新商品開発LABOと
しています。

前回、作成したリップグロスを使いましたか?と
聞いたところ使ったけど色の合わせ方とかが分からないと
メンバーの中から声が出ました。
この活動では別に化粧品を作る活動ではありませんので
食品開発などを行いたいと志望してくれた学生さんも
半分います。そして、リケジョあるあるというか、
「化粧ほとんどしたことない」というメンバーもいました。

するとお化粧好きなメンバーが色々お化粧について
レクチャーがスタート。いつの間にやらモデルさんも決まり
みんなであれこれ動き始めました。

DSC00207










おおよそ、応用生物学科の正規授業とは違うのですが
基材(化粧品の材料)についても確認したり、ちょっと化学の
勉強もしつつ(?)楽しそうにやっています。
ただし、密にならないように換気をしてみんなで集まるのは
確認のタイミングだけと何とも不思議な光景です。

DSC00198マスクも医療用の
N95相当のフィルタ
マスクを装着し
手も洗って消毒し
て行ってます。

モデルさんは流石に
マスクできないので
致し方なしですね。

流石に応用生物学科は衛生の勉強や微生物の勉強もするところなので
様々気を使いましたが、昨今の美容部員さんたちは大変でしょうね。

DSC00229実習終わりに少し残って
やってましたが、凄まじい集中力で
「きれいになりたい」の
底力を見させてもらったという
感じでした。

しかし、食品開発になって今度は
包丁に持ち替わると今度は形成
逆転になるかもしれませんね。

普段の実験はまだまだ基礎的な
内容ですがメンバー同士も仲良く
一緒に勉強したりしているようで
チームプレーで大きな山も
乗り越えていってくることを期待しています。

にしても、、、実習もそれくらい集中してやってくれよ(笑)

n-90811554 at 12:0 | この記事のURL | |

2021年05月13日 はじめての化粧品づくり

応用生物学科では「仮称)新商品開発LABO」を立ち上げました。
化粧品専攻(全員が医薬・食品・化粧品、全部の専攻を学びます)が
スタートしましたので食品や化粧品で何か「ものづくり」をしようと
立ち上げたものです。
(医薬品は作るのが難しいのでね…)

早速、新入生の有志の学生さんが作りたいとのことで、はじめての
手作り化粧品です!

とはいえ、仮称)新商品開発LABO ですのでちゃんと商品開発っぽく
行っていきます。

DSC_8078









まずは自分たちのコンセプトを考えて、どのような商品仕様にするのかを
考えます。基礎作業でであり時間のかかる内容は同時並行で進みます。

DSCPDC_0003_BURST20210513142613035_COVER









そしたら、実際の作業ですね。個人作品1つとグループ作品2つを
本日は作ってもらいました。

DSC_8079
できあがったのは、簡単手作り
リップグロスです。

最後冷やして固めるので時間の関係もあり
氷に一旦ダイブしてもらいました。

見た目の色が濃くても塗ると色はほぼ出ない
ものや、きれいな発色で色乗りの良いものも
できました。
また、コンパクトに入れるのか、スティックに
入れるのかで硬さを変えてみたり、使用感を
感じてもらいながらになります。


みんな楽しかったみたいで何よりですが、やっぱり作品を作るのは
楽しいよね!



n-90811554 at 19:3 | この記事のURL | |

2021年05月11日 新商品開発は難しい…

緊急事態宣言の中でG.W.を迎えることとなり
ちょっと寂しい日々を過ごしていますね。
とはいえ、応用生物学科ではオンライン授業と対面授業を
ミックスさせながら感染症対策もしつつ授業もいよいよ本番へ!

G.W.前まではどちらかというとオリエンテーションや
導入期間の意味合いが強かったのですが、レポートの提出等
本格化してきました。

そんな中、有志でスタートした「新商品開発LABO(仮)」では
7名の新入生の人たちが集まってスタートです!ちょっとした
ゼミみたいな雰囲気で良い感じです。

ただ、やっぱり新商品開発はとても難しいですね。
そもそも応用生物学科で最初に求められる「ルールを守る」を
ある意味裏切ってこそ面白いアイディアが出ます。
本当はやっていることは同じなんですが、それはかなり高いレベルで
見る必要が出てきてビギナーのみなさんには思考パターンを
一気に変えるスイッチを押すことは結構難しいですね。

DSC_8051最初は「なぜなぜ大会」を行っています。
例えば←の写真ですが、気にいって撮りました。
「どこが気に入ってますか?」
「なぜこの角度で写真を撮りましたか?」
「何を求めてこの商品を買いましたか?」
「なんで?なんで?なんで?どうして?…」



好きの理由って結構難しいです。でもそれを説明できる状況に
持っていくことが大切です。思考や感情を言語化する。
情報を整理してシンプルに伝わる内容へまとめる。
その根拠を示して共感や理解を得る。

これって実はレポート作成ともおんなじです。

同時に作業を上手にこなすテクニックも必要になるので
まずはビギナーとしてなれるところから初めましょう!
やっぱり積み重ねと努力・一生懸命が決め手ですね。

n-90811554 at 11:26 | この記事のURL | |

2021年04月14日 【2021年度】新年度もスタートで友達作ろう!

2021年度は4月3日(土)に入学式を行いました。
分散開催で余裕を持って実施でしたがその後
4月5日〜9日は学科でのオリエンテーションでした。

4月9日(金)は八王子キャンパスからほど近い
高尾山でのお友達づくり&地元を知ろうオリエンテーション
でした。

1618365338376-0














至って快晴のこの日は観光地 高尾山にあがるのはとっても
良い日でしたね。

1618365367985-0



















開運
、厄除けです。日頃の運動不足が祟ると階段はきついですね。


1618365271762-0















遠方
から東京へ出てきたひとにとっては初めての体験だったのでは
ないでしょうか。結構いいいでしょ!?高尾山!!

n-90811554 at 11:27 | この記事のURL | |