応用生物学科 ブログ

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 中級バイオ技術者をめざす人のための学科情報ブログ 応用生物学科

オープンキャンパス・体験入学

応用生物学科blog

2008年08月07日 白いネコはなぜ白い?

さてさて、今日はネコの遺伝についてでした(何度も言いますが野崎の専門は植物)

と言っても正確にはネコの毛色の遺伝について、です。

その前に「メンデルの法則」についておさらいをしておきましょう。応用生物学というかバイオテクノロジーの基礎となる理論です。

メンデルの法則は以下の3つの法則から成り立ちます。

(1)優性の法則:劣性遺伝子が優性遺伝子の影響で発現しないこと。

 このため、親の形質のうち、優性の形質のみが

 子に現れる。

(2)分離の法則:(1)に従って生まれた第1世代同士を交配させること  

        によって、第1世代では表れなかった劣性の形質が 

        第2世代に現れること。

(3)独立の法則:(1)、(2)に従う遺伝子の他にも、形質に関わる遺伝

        子が存在する場合、遺伝子はそれぞれ独立し、

        子に受け継がれること。

ここで重要になってくるのがゲノムと倍数性の概念ですが、ここでは「ほとんどの生き物は生存に必要な遺伝子を2セット持っている」と考えましょう。で、子供はそのうちの1セットずつを両親からもらって2セット持つことになります。

 

前回のアルビノを例にすると、アルビノチロシナーゼ遺伝子が壊れているのでメラニンが合成できない個体でしたね。ということはアルビノと野生型(アルビノ遺伝子を持たないとしましょう)の子供はアルビノの親から壊れたチロシナーゼ遺伝子入りセットをもらい、野生型の親から正常チロシナーゼ遺伝子入りセットをもらうことになります。この場合、子供はちゃんと働くチロシナーゼを一つは持っているので、メラニンが合成されます。つまり、アルビノは劣性変異ということです。

 

さて、ここでやっとネコちゃん登場です。白ネコはたくさんいますがアルビノを見た人はほとんどいないでしょう。ほとんどの白ネコは白化個体ということですね。この遺伝子はWと表記される優性遺伝子で、対立遺伝子は全ての有色遺伝子になります。毛が白いということはメラニンがないということですが、もしメラニン合成ができなくなるような壊れた遺伝子を持っているようなら、アルビノと同様に劣性形質のはずです。どういうことなのでしょう?

 

実は白ネコにはメラニンを合成できる細胞(メラノサイト)が無ようです。同じように優性変異には白斑(S)もあるのですが(白相手だと劣性)、この白斑もメラノサイトが無いために白くなっています。メラノサイトは胎児期に増殖と移動をし、全身の皮膚に分布するようになるわけですが、この増殖と移動を指示するシステムに異常が起きているのがこれらの変異です。マウスの同様な変異では指示を受ける「レセプター」と呼ばれるタンパク質に異常が起こっていることが知られています。このレセプターは2個がくっついて働くのですが、異常タンパク質どうしでくっつくだけでなく、正常タンパク質と異常タンパク質がくっついても働かないために、両方の遺伝子をヘテロで持つと正常な組み合わせのレセプターが4分の1になってしまい、増殖と移動を指示するには数が足りなくなると説明されています。おそらく、ネコでも同様のシステムが働いていると考えられます。

 

 というわけで、Wを持つネコはメラノサイトが移動できず、皮膚中に無いので白くなるということになります。Sを持つネコは(Wを持たない限り)メラノサイトが途中までしか移動せず、白い部分ができる事になります(ホモのほうが白い部分が大きくなる)。つまり、これらの遺伝子が他の毛色遺伝子よりも優性(というか上位)にある理由は、他の毛色遺伝子はメラノサイトで働く遺伝子なのにWSはそのメラノサイト自体を無くしてしまうから、ということです。

 

ところで、メラノサイトは神経冠細胞という細胞由来なので、白や斑の変異個体は同じ神経冠細胞由来の組織に異常を持つ事があります。白ネコの場合には目がブルーになるとか難聴になるケースもあります。

 

ネコの遺伝の話は尽きないのですが、長くなるので次回に。次回は「ccはどうして三毛ネコじゃなかったのか?」ライオニゼーションについてです。

 

今日の一冊

ネコと遺伝学 (新コロナシリーズ): 仁川 純一

ネコの遺伝ということなので、これで。ホントはネコの毛並み毛色多型と分布 (ポピュラー・サイエンス)のほうが好みなんだが・・・でも既に入手困難なので。

最近はこの手の情報はネット上で充実しているので、あえて本を読む必要はないという人もいるかもしれませんが、ネット情報は実用上の情報に限定されるケースが多いこと、孫引きを繰り返して解釈がおかしいケースも多いことなどの問題もあるので(コピペ作成レポートがダメな理由)、できるかぎり信頼の置ける出版物(1次情報に相当するもの)は読んでおくべきです。もちろん出版物自体が2次情報という場合もありますが、それでも3次情報よりはノイズが少ないはずです。特にどうしても必要な情報を探す場合には1次情報を探し出して当たるようにしましょう。

 

n-90811554 at 9:33 | この記事のURL | |

2008年08月04日 *BBQ*

先日、応用生物学科の2年生と一緒に河原でバーベキューを行いました☆
このバーベキューは学生さんが企画してくれたもので、今回で2回目になります。

昨年よりも参加者が増えて、今年はクラスの半分ぐらいの学生さんが参加しました!
応用生物学科の2年生は自主的にこういった企画を立てるのが好きみたいですね(^_^)
当たり前ですが、2年生にとっては最後の夏休みになるわけで・・
ひと夏の思い出として、みんなの心に刻まれたことでしょう♪



BBQ_1


 まずはおこしから
 汗だくになって頑張ってます!




BBQ_2

 海パンをはいて気合十分☆
 でもこの川では泳げないですよ(゚∀゚)アヒャヒャ





BBQ_3

 お肉が焼けた





BBQ_4



 おやつもありま〜す






BBQ_5

 いざ勝負
 
 どっちが勝つかな〜




BBQ_6

 ダリャー(ノ`Д´)ノ

 YOU WIN




BBQ_7


 僕の趣味は釣りなんだな〜

 キャッチ・アンド・リリース





BBQ_8


 そして最後はみんなでお片付け。

 ゴミは分別して持ち帰りました








この日も連日同様とっても暑かったのですが、みんな元気にはしゃいでおりました。
早いもので、夏休みも残すところあと半分。。とちょっと。笑))
1年生も2年生も、夏の思い出をたくさん作ってくださいね



(私も夏をエンジョイするぞ♪@こばやし)


n-90811554 at 23:17 | この記事のURL | |

2008年08月04日 食品とバイオテクノロジー (5)

月曜日担当の中島です。

『食品とバイオテクノロジー』シリーズも、いよいよ5回目となりました。今回は麹(コウジ)と手前味噌についてです。

前回前々回の説明で味噌作りに麹(コウジ)が欠かせないものであることは、お判りいただけたと思います。我々日本人の食生活において、を使用して作られる発酵食品は欠かせないものになっています。
どのような発酵食品があるのかといいますと、代表的なものとしては味噌、醤油(ショウユ)、日本酒、食酢、味醂(ミリン)、焼酎(ショウチュウ)などがあり、この他にもを使用した漬物や、これも漬物の一種と分類されるのかもしれませんがイカの塩辛(シオカラ)などにをいれる場合もあります。イカの塩辛にお米の粒のようなものが入っているのに、気がついたことはありませんか?

ご存知の方もいると思いますが、麹(米麹)はスパーマーケットなどでも入手することが可能なのです。どこのスーパーマーケットでもというわけにはいかないと思いますし、シーズンによっても売られている場合と売られていない場合があるようですが、何ヶ所かで尋ねていただければ見つかるのではないかと思います。また、ネットで販売している業者さんもあるようですので、とにかく一般の人でも入手可能なことは確かです。

さて、を入手してどうするのかといいますと、家庭でも簡単に作れるを使用した発酵食品として甘酒と味噌の製作をお勧めします。ちなみに、醤油は製造に長い日数と本格的な技術が必要となりますので、手前醤油はかなり難しいようです。また日本酒や焼酎などのアルコール製品については、法律によって個人で製造することは禁止されています。

中島が入手したことのあるのパッケージには甘酒の造り方が書いてありましたが、甘酒は素人でも簡単に1日あればできてしまうそうです。お砂糖はまったく使用しないのですが、優しい甘さで香ばしい甘酒はとても美味しいですよ。
味噌の方は甘酒より若干手間がかかるようですが、製造期間としては3ヶ月ぐらいから1年とのことです。手間がかかるといっても難しい工程があるわけではなく、気を使わなければならないのは分量の配分と温度管理ぐらいとのことです。が好きな温度は20度前後ということですので、キッチンなどの直射日光のあたらない屋内に置いて優しく扱ってあげれば良いようです。

前回の書込みで説明させていただいたように、味噌は・大豆・塩の分量と、熟成時の温度やかき混ぜる作業などで色も風味も大きく変わるとのことですので、いろいろと試してみてお好みの味噌を作ってみたり、名古屋名物八丁味噌など独特な味噌が作れるか実験してみても楽しいと思います(ただし大豆麹が必要です)。また、化学調味料も合成保存料も使用していない、まさに天然100%の味噌を作ることができるので、なによりも安心ですよね。

手前味噌(てまえみそ)という言葉があるように、自分で工夫して作った味噌の味は、誰もが自慢したくなるほど美味しいようです。インターネットを検索すると自家製味噌の作り方を紹介しているページもありますので、参考にしてみると良いと思います。

さて、下の画像ですが、これは前回掲載させていただいたマルちゃんの味噌煮込みうどんとは別のもので、別の愛知県出張時に発見した寿がきや(スガキヤ)食品さんの味噌煮込みうどんです(寿がきや食品さんは愛知県に本社がある食品メーカーです)。
愛知県ではいろいろなメーカー製の味噌煮込みうどんが売られているようです。さすがに味噌文化で名高い地方だけのことはありますね。

2008080101

 

 


 

 


※ 検索エンジン等でこのページに直接来られた方は、下記のリンク先に食品と
  バイオテクノロジー、カビ・酵母・細菌についての索引的ページを設けましたので、
  そこから他のページもご覧ください。

 食品とバイオテクノロジー、カビ・酵母・細菌  索引ページ


 バイオ 食品 医薬品 日本工学院 専門学校

n-90811554 at 5:0 | この記事のURL | |

2008年08月01日 大学編入試験、受験者全員合格しました!

だぁ、だぁ夏フェスの季節だぁ〜ブログ界のファンタジスタ a.k.a 八王子校・応用生物学科かわちです。

さて、先日(といっても、かなり前…)のかわちブログで報告しました、東京工科大学への編入試験の結果が出ましたので、ここでおしらせします。(ていうか、ブログに書くの忘れてただけっていう話がちらほら…)

なんと、我が専門学校長から受験許可(推薦ってこと)をいただけたバイオニクス科(←応用生物学科の前身学科ね)2年生は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員合格

しました

本学科開設以来、2年連続の快挙達成です

つまり、100%なんですよぉ

合格が決まったみんな、おめでとぉ〜

大学に行っても頑張るんだよ(といってもまだ半年以上先の話)

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

八王子校・応用生物学科では、このように、大学編入希望者のバックアップも万全です。専門学校でしっかり授業に出席して勉強すれば、大学の編入もへっちゃらなんです。なぜなら、我々は

応用生物学・バイオ教育のプロだから

かわちは大学で教鞭をとり、長年、「生命科学」教育・研究に力を入れておりましたので、専門学校と大学の教育の架け橋をすることなんて、「お茶の子さいさい」です。他学校の教員なんかに簡単に負けるわけがありません

八王子校・応用生物学科の他の先生も、全員バイオ関連企業出身なので、学校を卒業して就職後に何が必要なのかをしっかり教えてくれます。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

興味を持ったら、是非、オープンキャンパス+体験入学にご参加ください。

私たち専任教員とじっくり話し合うことで、卒業まで視野に入れた学校選びに協力します。

 

では

(かわち@八王子)

 

n-90811554 at 6:0 | この記事のURL | |

2008年07月31日 脱線しまーす!

木曜担当の野崎です。

 

遺伝のお話を書きまーす!と言っていたら、らっきーなことに石井さんがアルビノについて説明をしてくれました。

彼女のは正確には哺乳類のアルビノのお話ですね。哺乳類の色素はユーメラニンフェオメラニン2種類ですので、メラニン合成の始まりをつかさどるアルビノの遺伝子座(チロシナーゼという酵素の遺伝子です。多くの動物でCと表記されます。)の異常により、両方の色素合成に異常が出るために白で赤目になります(cと表記される変異)。

 

ハイ、ここで気付いたアナタ。なかなか鋭いですね。

 

そう、哺乳類以外の動物はメラニン以外の色素を持っている場合があります。ということは、C遺伝子が壊れていてもメラニンが合成できないだけで他の色素は残るということです。黄色赤い目のセキセイインコを見たことがないですか?あれはチロシナーゼが壊れているのですが、黄色の色素は存在するので黄色くなるのです

では赤目のインコはどうなのか・・・簡単に言ってしまうと黄色の色素が非常に少なくなる(青い)インコのうち、メラニンも合成できないものが白で赤目になります。(セキセイインコは青い色素を作れません。羽毛表面の構造が青い光を反射して、他の色は内部のメラニンが吸収してしまうので青く見えるのです。黄色色素は更に表層で黄色を反射しているので野生体色は緑になります。)鳥の場合赤目遺伝子はイノと言うので、黄色の場合は黄色を意味するラテン語と合成してルチノーと呼ばれます(アルビノも白を意味するアルブ+イノですね)。セキセイインコの場合、アルビノとはイノとブルーの両方の遺伝子がホモ(鳥のブリーダーはダブルファクターと言います。ちなみにヘテロをスプリットと言います)の個体を指す事になります。

 

一方、グッピーではアルビノは単純に赤目のものを指します。だからアルビノでも非常にカラフルです。ただしメラニン合成ができないので青、黒などの色は無く、赤や黄色で透明感のある個体になります。(現在売られているグッピーには2種類のアルビノがいて、これらは同じ遺伝子座の変異ではありません。交配するとノーマルが出ます。)

というわけで、同じアルビノと言っても、動物の種類によっていろいろ違うので少しややこしいかもしれません。

 

さて、C遺伝子座のチロシナーゼ遺伝子が壊れてしまっていたらアルビノですが、ちょっとおかしくなった程度ならどうなるんでしょうか?面白いのがネコのシールポイント(シャムネコカラーね)やウサギのヒマラヤンの遺伝子です。ネコの場合はcs(サイアミーズ)と表記されますが、これらはチロシナーゼが温度感受性になったケースです。つまり、温度が高いと働けないチロシナーゼを作るので、体温の低い耳や鼻先、足先、尾などでのみチロシナーゼが働いてメラニンが合成されることになります。

 

 これらの変異は正常なチロシナーゼの遺伝子Cがあればメラニンが合成されてしまうので、アルビノではなくなってしまいます。つまりCが優性、cやcsが劣性ということになります。

 

せっかくネコの話がでてきたので、次回はネコの遺伝などの話を・・・

(専門学校のブログでこんな話を連載していいのかと悩みつつ・・・遺伝学はバイオテクノロジーの基礎なんだから、と自分に言い訳をしてみたり・・・。小学生あたりの夏休みの宿題の題材にでもしていただければとも思ったり・・・。)

 

今日の一冊

 

「銀河英雄伝説 田中芳樹」

 

ええ、アレですよ。

金髪の有翼獅子といいますか生意気な金髪の孺子と魔術師(と称賛される人)が知恵の限りを尽くして戦うアレです。

何故か主要登場人物がひたすら死んでいくというアレです。

キャラの墓場というかなんというか・・・。

一千万部を突破した田中芳樹の代表作として認知されていますが、また最近新しい文庫版がなんとソーゲン(かなーりビックリ)から出ていますよね。

82年に刊行され、人気だったのは知っていても手は出していなかった僕がこの本を手に取ったのは96年の文庫版でしたが・・・当時、様々な事情から抑圧された気分だった私はいきなり1巻の台詞にわしづかみにされました。「新兵器の登場は「まさか」ではなく「やはり」と表現される」とかなんとか・・・(忘れてる!!)。他にも名台詞満載でねぇ。ああ、SFだから、と軽く見てるといかん、と思ったわけですよ。

まあ、26年も前の作品ですが、いろんな意味で現実世界に迫るものがあるのでオススメしておきます。

 

そういえばアニメ・漫画・ゲーム化もされて、どれもそれなりにヒットしたようですが・・・アニメについては会社時代の後輩(彼は銀英伝に出会って人生が変わったと言っていましたが)曰く、「声優陣は超豪華で台詞が素晴らしい、が、とにかく絵が動かない。紙芝居?」という評価でした。試してみようという方がいらしたらぜひ。

n-90811554 at 13:18 | この記事のURL | |