応用生物学科 ブログ

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 中級バイオ技術者をめざす人のための学科情報ブログ 応用生物学科

オープンキャンパス・体験入学

応用生物学科blog

2008年07月31日 脱線しまーす!

木曜担当の野崎です。

 

遺伝のお話を書きまーす!と言っていたら、らっきーなことに石井さんがアルビノについて説明をしてくれました。

彼女のは正確には哺乳類のアルビノのお話ですね。哺乳類の色素はユーメラニンフェオメラニン2種類ですので、メラニン合成の始まりをつかさどるアルビノの遺伝子座(チロシナーゼという酵素の遺伝子です。多くの動物でCと表記されます。)の異常により、両方の色素合成に異常が出るために白で赤目になります(cと表記される変異)。

 

ハイ、ここで気付いたアナタ。なかなか鋭いですね。

 

そう、哺乳類以外の動物はメラニン以外の色素を持っている場合があります。ということは、C遺伝子が壊れていてもメラニンが合成できないだけで他の色素は残るということです。黄色赤い目のセキセイインコを見たことがないですか?あれはチロシナーゼが壊れているのですが、黄色の色素は存在するので黄色くなるのです

では赤目のインコはどうなのか・・・簡単に言ってしまうと黄色の色素が非常に少なくなる(青い)インコのうち、メラニンも合成できないものが白で赤目になります。(セキセイインコは青い色素を作れません。羽毛表面の構造が青い光を反射して、他の色は内部のメラニンが吸収してしまうので青く見えるのです。黄色色素は更に表層で黄色を反射しているので野生体色は緑になります。)鳥の場合赤目遺伝子はイノと言うので、黄色の場合は黄色を意味するラテン語と合成してルチノーと呼ばれます(アルビノも白を意味するアルブ+イノですね)。セキセイインコの場合、アルビノとはイノとブルーの両方の遺伝子がホモ(鳥のブリーダーはダブルファクターと言います。ちなみにヘテロをスプリットと言います)の個体を指す事になります。

 

一方、グッピーではアルビノは単純に赤目のものを指します。だからアルビノでも非常にカラフルです。ただしメラニン合成ができないので青、黒などの色は無く、赤や黄色で透明感のある個体になります。(現在売られているグッピーには2種類のアルビノがいて、これらは同じ遺伝子座の変異ではありません。交配するとノーマルが出ます。)

というわけで、同じアルビノと言っても、動物の種類によっていろいろ違うので少しややこしいかもしれません。

 

さて、C遺伝子座のチロシナーゼ遺伝子が壊れてしまっていたらアルビノですが、ちょっとおかしくなった程度ならどうなるんでしょうか?面白いのがネコのシールポイント(シャムネコカラーね)やウサギのヒマラヤンの遺伝子です。ネコの場合はcs(サイアミーズ)と表記されますが、これらはチロシナーゼが温度感受性になったケースです。つまり、温度が高いと働けないチロシナーゼを作るので、体温の低い耳や鼻先、足先、尾などでのみチロシナーゼが働いてメラニンが合成されることになります。

 

 これらの変異は正常なチロシナーゼの遺伝子Cがあればメラニンが合成されてしまうので、アルビノではなくなってしまいます。つまりCが優性、cやcsが劣性ということになります。

 

せっかくネコの話がでてきたので、次回はネコの遺伝などの話を・・・

(専門学校のブログでこんな話を連載していいのかと悩みつつ・・・遺伝学はバイオテクノロジーの基礎なんだから、と自分に言い訳をしてみたり・・・。小学生あたりの夏休みの宿題の題材にでもしていただければとも思ったり・・・。)

 

今日の一冊

 

「銀河英雄伝説 田中芳樹」

 

ええ、アレですよ。

金髪の有翼獅子といいますか生意気な金髪の孺子と魔術師(と称賛される人)が知恵の限りを尽くして戦うアレです。

何故か主要登場人物がひたすら死んでいくというアレです。

キャラの墓場というかなんというか・・・。

一千万部を突破した田中芳樹の代表作として認知されていますが、また最近新しい文庫版がなんとソーゲン(かなーりビックリ)から出ていますよね。

82年に刊行され、人気だったのは知っていても手は出していなかった僕がこの本を手に取ったのは96年の文庫版でしたが・・・当時、様々な事情から抑圧された気分だった私はいきなり1巻の台詞にわしづかみにされました。「新兵器の登場は「まさか」ではなく「やはり」と表現される」とかなんとか・・・(忘れてる!!)。他にも名台詞満載でねぇ。ああ、SFだから、と軽く見てるといかん、と思ったわけですよ。

まあ、26年も前の作品ですが、いろんな意味で現実世界に迫るものがあるのでオススメしておきます。

 

そういえばアニメ・漫画・ゲーム化もされて、どれもそれなりにヒットしたようですが・・・アニメについては会社時代の後輩(彼は銀英伝に出会って人生が変わったと言っていましたが)曰く、「声優陣は超豪華で台詞が素晴らしい、が、とにかく絵が動かない。紙芝居?」という評価でした。試してみようという方がいらしたらぜひ。

n-90811554 at 13:18 | この記事のURL | |

2008年07月30日 かわいい?神秘的?

月曜日担当のはずが、PCの謎現象により投稿が大幅にずれてしまった
石井です(´д` )
八王子は昨日の夜中、超豪雨になり恐ろしいことになっていましたが、朝にはすっかりお天気になっていたのでよかった〜(=´∇`=

さて、前回はバイオハザードについて小話をしましたが、今回は

アルビノについての小話をしようかと思います(*'‐'*)

アルビノとは・・・というお話の前に、アルビノ達に登場いただきましょう(o^^o)

きつね?リス










はりねずみマウス








かんがるー?フェレット







真白な体に赤い目が特徴的でとてもかわいいですね
上の写真からもわかるように、「真白な体に赤い目」というのがアルビノの特徴なのですL(・o・)」

アルビノって(・_・?)
アルビノとは先天的な遺伝子疾患を伴う個体のことをいいます。
どんな遺伝子疾患かというと、メラニンを作る遺伝子情報が欠損しているためにメラニンを作り出すことができないのです
メラニンとは、人の体で作り出される色素でメラニン色素とも呼ばれます。
髪の毛や瞳の黒色は、このメラニン色素によるものなのです。

色素がないのになぜ目が赤いの(・_・?)
色素がないことで眼底部の血管の色が透けて見えるために、目が赤くみえるのです。
メラニンを少しだけ作れるアルビノもいて、その場合目の色はぶどう色にみえます。

ところで石井は、白い動物はなんでもアルビノなんだと思っていたのですが・・・
どうやら違うようなのです

ほわいとたいがー白クジャク












とっても綺麗な孔雀やライオンですが、これらはアルビノではなく「白変種」というそうです
確かに、目は赤くないですねっ

アルビノの動物達の画像などは検索するとたくさん出てくるので、興味がわいた方は是非探して見てみてください(..*)


(なんだかやっつけ仕事になってしまった月曜担当@石井でしたっ)

n-90811554 at 11:49 | トラックバック(0) | この記事のURL | |

2008年07月28日 食品とバイオテクノロジー (4)

月曜日担当の中島です。 ご存知かと思われますが、学校はすでに夏休に入っていますが、書込み曜日担当は死守させていただきます 

ということで、今回は先週書き込ませていただいた味噌(ミソ)の種類について説明させていただきます。

味噌(ミソ)は古来からの加工食品(下注参照)ですので、日本中にいろいろな種類のものが存在していますが、基本的には原材料、特に麹(コウジ)による分類と色・味による分類の3種の分類方法があります。

まず麹(コウジ)ですが、麹菌を繁殖させる材料として米・麦・大豆がありますので、米麹を使用した味噌は米(麹)味噌、同様に麦(麹)味噌、豆(麹)味噌という分類になります。

次に色は、赤味噌と白味噌に大きく別けられます。しかし同じ赤グループに分類される味噌でも微妙に色合いが異なりますし、赤味噌と白味噌の中間ぐらいの色の味噌(淡色味噌と分類される場合もあります)もあります。

そして味ですが、甘口と辛口の違いは含まれている塩分に関係します。しかし塩辛く感じるかどうかは塩の含有率だけで決まるものではなく、アミノ酸を多く含んでいると塩含有率が高くても塩辛く感じない場合もありますので、「塩分が何%なら辛口」と一概に言えない面もあります。

味噌(ミソ)は茹(ゆ)でた大豆に麹(米か麦か大豆)と塩を混ぜて発酵させて作られるわけですが、茹でた大豆の分量に対して麹の種類と分量、塩の分量によって味や色合いが変わってきますし、発酵中の温度管理や発酵途中でかき混ぜるのかどうかでも変わってきます。また大豆を茹でずに蒸す場合もありますし、大豆をほとんどあと形も無くなるまですり潰すものと、ある程度原型を残すようにしているものなど、それぞれの味噌特有の方法があり、それらの手法の違いによっても味や色合いが大きく変わってくるのです。

日本を旅しているとその地方ごとに異なる味噌料理を味わうことができますが、一般的に北側の地方は辛口の味噌が多く、南側に行くにしたがって甘口の味噌が多くなるようです。
味噌文化で有名なのは、何といっても愛知県(特に名古屋)ですね。名古屋の味噌は八丁味噌(はっちょうみそ)と呼ばれる豆味噌で、濃い赤色で独特の渋みがあります。この八丁味噌をベースに作った味噌ダレをトンカツなどにかけて食べる味噌カツや、うどんと野菜を煮込んで食べる味噌煮込みうどんなどは、今では全国的にも知られていますね。

下の画像は愛知県(豊田市)に出張した際にコンビニで発見した、マルちゃん(東洋水産)の味噌煮込みうどんです。東京地方でマルちゃんの“うどん”というと、キツネタヌキしか売られていませんが、愛知県ではやっぱり味噌煮込みうどんが売られているのですね。こういう食文化も面白いものです。

2008072801

 

 

 

 

 

注釈
一説によると、味噌は飛鳥時代(6世紀後半から8世紀初頭)から作られていたとのことです。


※ 検索エンジン等でこのページに直接来られた方は、下記のリンク先に食品と
  バイオテクノロジー、カビ・酵母・細菌についての索引的ページを設けましたので、
  そこから他のページもご覧ください。

 食品とバイオテクノロジー、カビ・酵母・細菌  索引ページ

バイオ 食品 医薬品 日本工学院 専門学校

n-90811554 at 5:0 | この記事のURL | |

2008年07月27日 コンニャクイモがお出迎え〜

夏休みに入っても予定表は真っ白のままブログ界のファンタジスタ a.k.a 八王子校・応用生物学科かわちです。

さて、夏休み前の実験最終日、BL1(←実験室の名前ね)に植物界からの転校生がやってきました(OLからの転校生の「里中れもんちゃんのマネ

コンニャクイモ(2008年7月)

 

 

 

 

 

 

 

 

コンニャクイモ(生後4か月【推定】)です。

なお、当然ながら芋の部分は土の中ですので、見えません。あしからず。

 

コンニャクイモ(学名Amorphophallus konjac)は名前の通り、こんにゃくの原料となるサトイモ科の植物です。しかし、コンニャクイモに含まれるシュウ酸カルシウムのため、普通の芋のようにそのまま食用とすることはできません

現在、市場で販売されているこんにゃくのほとんどは、生のコンニャクイモから作られているのではなく、芋をすりつぶしてコンニャクマンナン(グルコマンナン)の成分を精製・乾燥させた精粉(せいこ)から作られています。なお、コンニャクイモは多年草なので、原料に使える大きさに育つまでに3年かかります。今は高さ12 cmですが、3年後の収穫の時期には1 mぐらいにまで生育するらしいです。

また、コンニャクイモは植物なので、花も咲くのですが、5年程度生育しないと咲くことはないので、残念ながら通常の畑では見ることはないです。

立派な花が咲くまで育てるか、こんにゃくの製造実習に使うのかは決めてませんが、とりあえず大きくなるまで育ててみます

このブログでも生育日記をつけていきたいと思いますので、ご期待ください。

なお、実際のコンニャクイモを見てみたい方は、オープンキャンパス+体験入学で見ることができますので、ぜひ来てくださいね

 

では。また不定期に

(ポニョって女の子だって初めて知った(笑) かわち@八王子)

 

 

n-90811554 at 15:2 | この記事のURL | |

2008年07月23日 龍ノ眉縮緬芝船極紅白覆輪風鈴獅子八重……

1週間抜けてしまいました…

 

というわけで(なにが、というわけなんだろ?)前回予告した遺伝のお話なんですが、野が得意とする動物の遺伝(専門は植物ですよ)ではなく…季節柄アサガオのお話を…。

 アサガオといえば小学生の時に観察日記をつけた人も多いでしょう。夏の朝に丸い大きな花を咲かせる涼しげな花という印象を持つ方も多いと思います。が、アサガオはそれだけの花じゃないんです。

 

国立歴史民俗博物館hpより

http://www.rekihaku.ac.jp/events/o080729.html

 

どうです? とてもアサガオとは思えない花が咲いているでしょう?

でもこれも同じアサガオなんです。

で、説明のところにあるよくわからない漢字の羅列。実は、そのアサガオが持つ遺伝子の組み合わせを表しています。

たとえば、黄糸柳葉紅細切采咲牡丹

これは

黄:黄葉(y-1

糸柳葉細深切:笹葉切咲き(dl)と柳葉細深切咲き()の組み合わせ

紅:暗紅色の花の色(mg

采咲:柳と笹(または南天)遺伝子の組み合わせで咲く花型

牡丹:八重咲きのひとつ(dp

そしてそれぞれの遺伝子はメンデルの法則にしたがって子孫に受け継がれます。メンデルの法則(メンデリズム)とは優性の法則分離の法則独立の法則3つからなります。上記の例では5つの劣性遺伝子がそろって働いて初めて黄糸柳葉紅細切采咲牡丹となります。こんな複雑な組み合わせがそろったときだけ、不思議な形の花が咲くのです。

 

この変化アサガオが大流行したのは江戸時代の文化文政の頃、そして嘉永安政の頃に第二次ブームが到来しました。ここで気をつけて欲しいのはメンデルの発表が1865年だったこと。遺伝法則を見出すことこそできませんでしたが、多数の遺伝子を組み合わせて新しいタイプを作出することが日本でホビーとして定着していたことは驚異的なことです。

 

 こうして得られたアサガオ変異体は現在まで多数が受け継がれ、遺伝の研究に用いられてきました。現在では文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)において「アサガオ突然変異系統の収集・保存・提供」がなされています。

 

変化アサガオについては毎年、国立歴史民族博物館で展示されています。また、都心部でもアサガオ展で変化アサガオを見ることができます。興味のある方は行かれてみてはいかがでしょうか?

日比谷公園変化朝顔展      8月29日(金)〜8月31日(日)

大輪アサガオについては以下の展示会が有名

靖国神社奉納朝顔展(大輪)   7月27日(日)〜8月3日(日)
日比谷公園大輪・変化朝顔展  7月28日(月)〜8月3日(日)

せっかくなので次回も遺伝の話を…

 

今日の一冊

 

グッピーの軌跡追悼筒井良樹

 

今回は遺伝の話だったので、このトンデモナイ本のご紹介です。本来、書店での販売の無い限定販売本をここに紹介するのはどうかとも思ったのですが、在野のカイリョウヒンシャーには必読の書ですので…。

 

著者の筒井氏はグッピー飼育者には良くも悪くも超有名人でしたが、残念ながら一昨年に若くして亡くなりました。しかし、彼の仕事はかなりいろいろな方面のブリーダーに波及したと思われ、十姉妹やセキセイインコ、ラブバードなどの鳥類、コーンスネークやボールパイソンなどの爬虫類、ハムスターやジャービル(スナネズミね)などの哺乳類でも色彩変異の遺伝を理解する人が増えたのは確かです。

 

この本は主にアクアライフ誌に連載された記事をまとめたもので、グッピーに関する連載…のはずなのですが…、中身は猫の毛色やらセントポーリアの話が延々と…。更に高校野球・フィギュアスケート・少女マンガ・カメラ…そして食い物談義まで。驚くほど話題が多岐にわたる怪人っぷりがすばらしい。マニアってこういう人のことを言うのかも。しかし、やはり素晴しいのはグッピーの遺伝の話。とはいえ、ある程度メンデリズムが理解でき、個々の遺伝子の動きと品種維持・改良の概念が理解できていないとフォローするのは難しいかもしれません。というわけでいろいろな意味でマニアな方向けの本です。

n-90811554 at 9:50 | この記事のURL | |