応用生物学科 ブログ

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 中級バイオ技術者をめざす人のための学科情報ブログ 応用生物学科

オープンキャンパス・体験入学

応用生物学科blog

2008年07月21日 食品とバイオテクノロジー (3)

月曜日担当の中島です。

本日は海の日でお休みですが、月曜日は月曜日で他の曜日の何ものでもないので、書き込み担当を死守しなくちゃ・・・・・  と思っていたら、週末ブログ王子の河内先生が書き込んでくれていました。
今回中島はサボりでも良いかなと、一瞬考えましたが、やはりここは自分に厳しくということで書き込むことにします。

しかし、応用生物学科のみなさんの書き込みは、それぞれ長いのが特徴ですね。それに、中島以外はみんなカラフルですね。中島はおとなしくて控えめな性格(自称)なので、地味路線のまま行かせていただきます。

さて、前回の書き込みで若干触れましたが、中島は7月19日・20日の2日間に仙台と松島に行ってきました。
お仕事のあったのは仙台だけですが、ちょっと足を伸ばして松島観光もしてきました。松島は日本三景(日本中で景色のきれいなトップ3)のひとつに選ばれているほど、海と島々の景色が美しいところです。ここで遊覧船に乗って松島巡りをして、伊達政宗候の菩提寺である瑞厳寺(ずいがんじ)を見学したりしました。そして仙台では、名物の牛タンを堪能して来ましたよ。

で、ここからが食品とバイオテクノロジーの関係です。
その中島が堪能した牛タンが味噌(ミソ)だれに漬けて味付けしたものだったのですが、味噌(ミソ)もバイオな食品なのです。

味噌は茹(ゆ)でた大豆(ダイズ)などに塩や麹(コウジ)を混ぜ合わせて、発酵させることで、大豆のタンパク質を旨味のもとになるアミノ酸などに変化させることで作られます。麹(コウジ)とは米・麦・大豆などの糖質に、麹黴(コウジカビ)を繁殖させたものです。
麹の力を借りてググッと旨味成分が増すだけでなく、保存性も高まります。そうです、以前このブログで説明させていただいたバイオプリザベーション(biopreservation)ですね。

バイオプリザベーション(biopreservation)が何だか分からないというヒトは、6月30日の書き込み( ← リンクしてあります)をご覧になってください。

今回は前置きばかり長くて本文はやや短めですが、ここまでとさせていただきます。
下の画像は、仙台で中島が食べたお店のホームページから拝借してしまった牛タンの画像です。「とても美味しかった!」と付記しておきますので、画像の拝借はお許しください( to 店主様)。 ちなみにお店の名前が知りたいヒトは、中島に直接お尋ねいただくか、インターネットを地道に捜索してみてください。

牛タン

 

  ← 牛タンだけどウマかった〜 (oyaji Gag)

 


※ 検索エンジン等でこのページに直接来られた方は、下記のリンク先に食品と
  バイオテクノロジー、カビ・酵母・細菌についての索引的ページを設けましたので、
  そこから他のページもご覧ください。

 食品とバイオテクノロジー、カビ・酵母・細菌  索引ページ

バイオ 食品 医薬品 日本工学院 専門学校

n-90811554 at 15:48 | この記事のURL | |

2008年07月20日 AO入試にチャレンジするためには?

おはようございま〜すっ

夏休みに入って、近所で行われているラジオ体操の声で朝に目覚めるブログ界のファンタジスタ a.k.a 八王子校・応用生物学科かわちです。

さて、応用生物学科Q&Aシリーズとして企画をぶち上げたものの、なかなか続いてないようで、どうもすみません

そこで、夏休みにも入り、いろいろな学校のオープンキャンパスに参加して、志望校を決めようと考えている高校3年生の皆さん

Q&Aシリーズ 第2弾

「夏休み中にAO入試にチャレンジ!」

をお送りします

AO入試は今では大学入試の屋台骨を支えている入試方式として定着しているので、特に説明は不要だと思います。簡単に言うと、いわゆる学力試験の代わりに、専任教員が受験生の目的・学習意欲を面接試験中心で、合否判定を行う入試方式です。

ただ、いわゆる「大学全入時代」を迎え、大学側も学生確保のため、推薦・一般入試よりも前に行う青田買いの部分を強調するようになりました。これに従い、AO入試の入学生の学力が、一般入試の入学生より著しく低くなってしまい、講義に苦労するようになったという問題が生じ、近頃はAO入試の中止を検討する大学が出てくる始末

ところが、日本工学院では目標意識などを総合的に評価する面接中心の入試を

AO入試という言葉が使われる前から行っております

職業教育のパイオニアとして、全国津々浦々に卒業生を送り出している日本随一の専門学校ですので、心配無用です。

さて、本題ですが、日本工学院AO入試を受験するにはどうすればよいのか?とのことですが、とりあえず

オープンキャンパス、体験入学に参加して、専任教員から学校や学科の説明を聞いてもらう必要があります。

ただし、夏休み中のAO入試は

B日程:8月5日(火)【エントリーシート受付は7月29日(火)まで】

C日程:8月31日(日)【エントリーシート受付は8月22日(金)まで】

の2回しかないので、夏休み中にAO入試にチャレンジするには、少なくとも、8月10日(日)までに参加する必要があります

明日(7月21日海の日)もオープンキャンパス+体験入学を行っております。

特に、八王子校・応用生物学科では高校3年生の皆さんと、学科教員+在校生で

じっくり語り合って

キーワードに、入学までの不安に思っていることを直接、学科教員に質問したり、学校生活の話を先輩から聞けたりする場をオープンキャンパス+体験入学で設けております。

専門学校入学後に勉強できることと勉強できないことの違いを包み隠さず、皆さんにお話しできるのは、日本工学院・応用生物学科だけです。八王子校・応用生物学科のHPをご覧になって、ちょっとでも興味が生じたら、是非とも私たちと話しに八王子キャンパスまで来てみてください待ってまぁ〜す。

 

それではまた

(かわち@八王子)

 

 

n-90811554 at 6:0 | この記事のURL | |

2008年07月18日 夏風邪と冬風邪

皆さん、こんにちは〜 片山です。

日本工学院では今日で授業もおわり、明日から夏休みです
へ、山へ、観光地へ、出かける機会が増える時期です。
くれぐれも事故などには注意して、楽しい夏休みを過ごしましょう
そして、9月1日には元気に全員そろいましょう

さて、前回は夏風邪のお話をしましたが、
今回はつづきで
「夏風邪と冬風邪は違うのというお話です

そもそも風邪のウイルス200種類以上もあるようで、一生かかっても全種
類に感染することはないと言われています。へぇ〜
夏風邪と冬風邪では、感染するウイルスが違うため、症状も違ってきます。
(温度や湿度によって活動するウイルスの種類が違うためです。)

夏風邪の原因となる主なウイルスは、アデノウイルス、ポリオウイルス、
コクサッキーA型・B型、エコーウイルス、エンテロウイルス、パラインフルエ
ンザ3型など。主な症状は
頭痛、発熱、喉の痛みなどで、熱が高くなることが
多く、5月から8月にかけて発症
します
プール熱(咽頭結膜熱)や、はやり眼(流行性結膜炎)も夏風邪の一種
で、アデノウイルスによるものです

一方、冬風邪の原因となるウイルスは、RSウイルス、コロナウイルス、レオ
ウイルス、インフルエンザの原因となるインフルエンザウイルスやパラインフル
エンザ1型・2型などで、11月から3月にかけて流行します。主な症状は鼻風邪
、喉風邪、咳風邪、肺炎
などがあります

 いずれにしても、風邪の予防・回復には以下を心がけましょう

   ゆっくり睡眠をとり、心身を休める
   体を温かく保ち、のどの乾燥を防ぐ  (゚Д゚≡゚д゚)エッ?!
  消化がよく栄養のあるもの(特にたんぱく質、ビタミンB1、
    ビタミンCなど)を摂る 
   熱がある場合には水分をたくさん摂る  
   手洗い、うがいで常に清潔を保つ


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*

皆さんも、楽しい夏休みに風邪などひかないようにしましょうね

n-90811554 at 13:31 | この記事のURL | |

2008年07月15日 実習テストがマジか?!

火曜日パーソナリティーを死守せよ! by たなか

相変わらず、更新が怪しい感じになっていますがそれでも
がんばって更新します。欲しがりません勝つまでは!(謎

応用生物(バイオニクス/バイオテクノロジー)科に入る以上どうしても
テストなるものは避けられません。学校では必ずテストがあるものです
なぜ、テストがあるのかというと“習熟度調査”なわけでして、
各項目にポイントになるものがあるのです。全てを覚えて欲しい事も
事実なのですが、覚えられないのも事実です。
であるならば、「なんとしてもここだけは!」という所を押えてください
教える立場としての切実な思いをどうぞ受け取ってくださいませ。

さて、日本工学院八王子専門学校では今週で夏休み前の授業が
終了となります。7月20日(日)からは大手を振って夏休みです!
ですので、何の憂いも無く夏休みに入ってください。

そのためには、1年生の皆さんは明日に迫った実習テスト
クリアーしなければなりませんね・・・。明日に向けて今日は徹夜でも
なんでもして憂いを取り払ってください!!

さて、そんな真面目な皆さんの為に出題者の私からアドバイスを!
試験範囲は「タンパク質定量法」「酵素実験」「電気泳動」の3つの
実験から出題されます!そこで「なんとしてもここだけは!」という
ポイントをいくつか紹介しましょう!

タンパク質定量法編
みなさんが行ったのはBradford法というタンパク質定量法です。
この原理は○○○-G250という色素を使いましたね。
ロマンティックは止まらなさそうな名前でしたね)
この色素はタンパク質と結合すると○95nmの波長の吸収が高まります。
ですので、光の吸収を利用してタンパク質量を定量的に測定
するのでしたね。そこで、出てくるのが○○○○ト○−○の法則ですね。
式は2パターン出てきます。Logで表すのと掛算のみでA(吸光度)を
表すことができるものでしたね。ここら辺がポイントですよ

酵素実験編
酵素実験では新しく出てきた酵素の単位がありました。
また、酵素は反応の前後で変化したり、消費したりされないものでしたね。
このように反応を促進させるけど自分は何もしないようなものを○○と
言うというのもポイントです。
この○○作用を持っているのも特徴ですが、促進させられる反応は
特異的なのでしたね。
酵素+基質 ⇔ 酵素・基質複合体 → 酵素 +生成物
この式がとっても大切でした!あとは、至適条件なるものがありましたね。

電気泳動編
今回、新出の実験方法でした。自分たちでゲルを作ったりと
なかなか難しい実験でしたね。さてここでの重要な事は、
「分子量の求め方!」ですね。さらには、使ったサンプルの
血清血漿などですね。タンパク質がなぜゲルの中を移動
するのかなどの原理もとっても大切な事になりますね。
(タンパク質の性質にも起因するものですので!)

ということで、長くなりましたが皆さんがんばってください!

************************:
今日から始まる今日の●●ですが・・・(考え中
今日の資格!で行きたいと思います。
シリーズ第1段(たぶん15段ぐらいで終わりますが・・・ぇ)

特定化学物質四アルキル鉛等作業主任者です

今年も応用生物学科では9月末に“本校を受験会場として”
実施される資格になります。

これはどのような資格になるかというと、特定化学物質と
認定されている化学物質が存在します。それはとても危険です。
が、バイオを志して生業とする人たちには避けて通れない
化学物質ばかりです。
そのような物質を作業で使用する場合は安全に十分配慮
しなければならないわけです。その安全を確保する方法や
もし、事故が発生した場合の対処方法などを学び、特定化学物質を
取り扱う作業をしている人々に対して主導的立場で安全を
確保することを任される立場になれる“国家資格”になります。

是非とも多くの人に取得していただきたい資格の1つです。

本日の●●はここまで!

See you next week!
*************************

n-90811554 at 12:0 | この記事のURL | |

2008年07月14日 食品とバイオテクノロジー (2)

月曜日担当の中島です。

7月8日(火)の書き込みで田中先生が、「応用生物学科の先生は多趣味で、その特徴がブログの書き込みに現れている」といった趣旨の発言をしていますね。
中島も応用生物学科の教員なので、それなりに多趣味です。しかし、その趣味が「音楽を聴くこと」、「本を読むこと」、「身体を動かすこと」、「旅行」なのですが、音楽鑑賞と読書については、河内先生と野崎先生がそれぞれ独自シリーズを立ち上げていますし、「身体を動かすこと」に関しては最近サボり気味ですし、「旅行」はシリーズにできるほど頻繁に出かけているわけではありません。
ということで、中島独自のシリーズにつきましては現在テーマを考え中といったところです。ちなみにこの夏の旅行としては、久しぶりに長崎に行ってくる予定です。またプライベートではなく仕事ですが、今月は仙台にも行く予定です。

さて、余談はこの程度にしておきまして、本日メインの話題に移ります。
食品とバイオテクノロジー(1)ではぬか漬けについて説明いたしましたが、(2)では納豆について説明させていただきます。

納豆は水で茹(ゆ)でた大豆(ダイズ)に納豆菌を植え付け、発酵させたものです。発酵することで、茹でた大豆に含まれている核酸や糖、アミノ酸から、ビタミンBやビタミンK、旨味成分、健康増進効果で話題となっているナットキナーゼなどが作られ、美味しく&健康にも良い優れた日本特有の加工食品なのです。ちなみに本日から4日前の7月10日は、納豆の日でした。

さて、「納豆が嫌いでどうしても食べられない!」  というヒトがいますが、その嫌いな原因となるものとして納豆の匂いがあげられると思います。
納豆の独特な匂いは、発酵の過程でアミノ酸の一部が低級分岐脂肪酸というものに化学変化してしまうことが原因であることが突き止められました。そして約20,000種類もある納豆菌の中から、低級分岐脂肪酸を発生させない種類を探し出して、今ではにおわない納豆が市販されていることはご存じでしょうか(テレビCMなども放映されていますので、たぶんご存じでしょうね)。

前述しましたが、納豆はビタミンB・K、タンパク質、食物繊維、アミノ酸、ナットキナーゼなどさなざま成分を含んだ、身体に良い食品なのです。そして、その身体に良い納豆を作り出す納豆菌そのものも、腸内環境に良い影響を与える微生物としてプロバイオティクス(Probiotics)と呼ばれています。

ところで、皆さんは納豆をどうやって食べていますか?

ネギは入れますか?
入れるネギは白ですか、緑色ですか?
卵は入れますか?
カラシは入れますか?
純粋な醤油を入れますか、それともダシ入りの醤油ですか?
納豆にお砂糖はいれますか?
納豆のお味噌汁を食べたことはありますか?
納豆パスタを食べたことはありますか?

ちなみに下の画像がにおわない納豆です(商品名はにおわなっとうですね)。メーカーさんから宣伝料はいただいていないのですが、画像だけ掲載させていただくことにしました。

p_l04_niowa

 

 

 

 

 


※ 検索エンジン等でこのページに直接来られた方は、下記のリンク先に食品と
  バイオテクノロジー、カビ・酵母・細菌についての索引的ページを設けましたので、
  そこから他のページもご覧ください。

 食品とバイオテクノロジー、カビ・酵母・細菌  索引ページ

バイオ 食品 医薬品 日本工学院 専門学校

n-90811554 at 6:0 | この記事のURL | |