応用生物学科 ブログ

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 中級バイオ技術者をめざす人のための学科情報ブログ 応用生物学科

オープンキャンパス・体験入学

応用生物学科blog

2008年06月19日 鷹の爪団

火曜担当のたなかです

が、急遽木曜日にスライド登板ではなく、勝手に登板です!
松坂や上原が故障に苦しんでいる中、勝手に登板です!!

生物を学ぶ専門学校大学の違いは決定的に
実験の量が違います。これは、大学は学問と研究という柱に対し
専門学校は“技術習得”にあるからです。

特に専門学校では大学で学べない実験技術に重点を置いています。
その特徴的な実験の1つが「手洗い衛生実験」です。
本日はヤシノミ洗剤で有名な「東京サラヤ」さんにお越しいただいて
手洗い講習会を行いました。

なんで、生物やバイオ勉強するところで手を洗う勉強するのかという
問い合わせが殺到しますので(ぇ?ホントかぁ?)少々解説を。
手は実はものすごく便利なものですが、便利なために菌や汚れを
あちこちにばら撒くもっともよい道具でもあるのです。
すなわち、手をきれいに保てれば実験もきれいにできるのです。
そして、きれいな手で食品医薬品化粧品等を作るなんて言うのも
当然の事となります。なので手をきれいにすると言うことは
とても大切な事なのです!!

さて、実験自体は簡単です。まずは蛍光ローションで手を汚します
このローションは通常の状態だと何も見えませんが、蛍光塗料が
入っているのでブラックライトで照らすと不気味に光ります。
ですので、このローションを手洗いできれいにすると言う実験です。手手手


この状態が最初の状態です。
レントゲンではありません。
ゾンビの手でもありません。
鷹の爪でもありません。(謎



手そして、きれいに洗ってもらいます。
当然のごとく、普通に洗っていては
きれいになりません。

手洗いには、一般の手洗いと
        プロの手洗いと
        医者の手洗いの
3タイプがあるそうです。
プロの手洗いを身に付けましょう!





爪そして、再度チェック!汚れが取れて
いないところはこんな風になります。

なんか爪だけきれいに残ってて
これはこれでありか?!
鷹の爪(謎


うすい
東京サラヤの本日の講師
薄井 香織先生にご指導いただきまして
再度チャレンジです。

手洗いのプロは食の安全を守ります!


さて、うまくできましたかね?




と言う事をやりました。が、まだまだ語りつくせない内容ですので
続きはまた今度!

ドンミスィッ! 目指せレオナルド!

n-90811554 at 19:32 | この記事のURL | |

2008年06月18日 応用生物とバイオテクノロジー

応用生物っていったいどんな分野なのでしょう?
ということで今回は、初心者ならではの疑問にお答えします。

応用生物というぐらいですから、生物の持つ力を利用(応用)することになりますが、ネコの手を借りるですとかハトに伝言を運んでもらうといったことではありません(まぁ、そんなことを連想していた人はいないと思いますが・・・)。

バイオテクノロジー(Biotechnology)という用語が最近あちらこちらで使用されているので、耳にしたことがあるという人も多いと思いますが、Bio=生物  technology=技術という意味で、これを合わせたバイオテクノロジーという用語は「生き物の技術」、もう少し分かるようにすると「生き物の機能を利用する技術」ということになります。
ですから、バイオテクノロジー応用生物 とお考えいただいて良いのです。

昔から利用されていて皆さんが良くご存知のバイオテクノロジーとしては、お酒を造るときの麹菌(こうじきん)や酵母(こうぼ)、ヨーグルトに含まれる乳酸菌、納豆を作ってくれる納豆菌などの利用技術があげられますし、最新のものとしてはDNAや万能細胞の技術などもこの分野となります。

ということで、応用生物学科では「生き物の仕組みや機能を利用したり、コントロールする技術」 = バイオテクノロジーを中心とした専門知識と、国内有数の実験環境・設備で実験技術を徹底的に学習します。

2008061802

 

 

 

 

それでは、バイオの分野に興味はあるけどまだ初心者というヒトのために、バイオという言葉の付く用語をいくつか説明しておきます。

バイオエタノール
微生物の力で植物(ムギ、サトウキビ、トウモロコシなど)から作り出したエタノール(エチルアルコール)。ガソリンに混ぜてクルマの燃料としたり、外国ではバイオエタノールだけで走るクルマもあります。

バイオメタン
上記と同様に、微生物の力で作り出したメタンガスのこと。燃料としての使用が期待されています。

バイオリアクター
微生物の力で、水を浄化すること。浄水場や下水処理場の技術ですね。

バイオレメディエーション
微生物の力で環境に悪い影響を与える物質を取り除く(分解する)技術。例えばタンカーなどから原油が海に漏れてしまった場合、原油を分解できる微生物をそこに撒いて環境を元に戻すような技術です。

バイオマス
バイオマスのマス(mass)とは「量」という意味で「生物量」という意味になりますが、圧倒的に量の多い植物資源をさす用語として使用されています。
植物資源から作られるエネルギーがバイオマスエネルギーということになり、バイオエタノールやバイオメタンがこれにあたります。また、微生物がバイオマスを分解するときに出す熱を利用して発電するような、バイオ発電という技術もあります。

今回はこれぐらいにしておきます。

担当 : 月曜担当なんだけど 中島でした。

n-90811554 at 12:49 | この記事のURL | |

2008年06月18日 国際バイオExpo が開催されます

アジア最大のバイオイベント 第7回国際バイオEXPO が開催されます。

世界各国の主要企業約650社が一同に出展する国際専門展で、開催期間中に21,000名を超えるバイオ関連の研究者・専門家が来場する、総合バイオイベントだそうで、開催概要は下記のようになっています。

日程  7月2日(水)〜4日(金)
会場  東京ビッグサイト(国際展示場)
主催  リードエグジビジョンジャパン株式会社

詳細は国際バイオEXPOの公式ページ(←リンクしてあります)をご覧になってください。

ライフサイエンスに関する研究や技術発表が行われる国際バイオフォーラム、医薬品製造技術・機器の総合展インターフェックスジャパン、世界中の医薬品原料サプライヤーが出展する医薬品原料国際展、国内唯一の遺伝子検査・診断に特化した専門展で今回が初めての開催となる遺伝子検査・診断展と、種々のイベントが共催される、まさにアジア最大のバイオイベントとのことです。

詳細に関しては、すべてリンク先の公式ページでご確認ください。

担当 : 実は月曜日担当 中島でした

2008061801

 

 

 

n-90811554 at 11:28 | この記事のURL | |

2008年06月18日 バイオ燃料に関する展示会が開催されます

バイオ燃料に関する展示会が開催されます!

Bio Fuels World 2008 Conference&Expo (第2回バイオ燃料製造装置&材料展) というイベントで、開催概要は下記のようになっています。

日程 7月9日(水)〜11日(金)
会場 パシフィコ横浜 会議センター&展示会場
主催 Bio Fuels World協議委員会

未来のバイオ燃料産業を模索することを目的として、国内外のバイオ燃料技術ならびに関連技術者、研究者を一堂に会した交流イベントということで、バイオ燃料技術に関する展示(バイオエタノール、バイオディーゼル、バイオマスガス、バイオマス発電)の他、「地球温暖化の防止」、「競争力ある産業の育成と活性化」、「循環社会の創造」といったテーマでセミナーが開催されるそうです。

詳細に関しましては、公式ページ(上にリンクがあります)をご覧になってください。

なお、水処理・リサイクル技術についてのイベント(Water Xchange)も共催されるとのことです。

担当 : 中島 (実は月曜日担当です)

d9e96ee2.gif

 

 

 

 

n-90811554 at 10:48 | この記事のURL | |

2008年06月18日 間違えなく生きている

ブログ攻撃再始動とのX Japanのような河内先生の宣言から
約10日がたちました。サザンオールスターズの無期限活動停止、
L'Arc-en-Cielの2010年までライブ活動休止なんて言うのが
少し前にありましたが、応用生物学科のブログは休止しないよう
笑っていいとも風に曜日レギュラーが決まりそうです!


話は最初っからタイトルとずれておりますが生き物に繋げましょう。
“生きる”というのを生物学的に説明する事は非常に難しく
あえて言うなら“死んでいない状態”といった所でしょうか。
“死ぬ”を説明することも難しいんですけどね。

でも、必ず生きていると言い切れる生物と呼ばれるものは
いっぱいいますね。
その中で、ワインも生きています!微生物がボトルや
樽、タンクの中で活発にそして静かに活動しております。

卒業生が就職した山梨県のワイナリーへ見学に行った時の
様子です。卒業生はたった2ヶ月位で一人前の社会人の
顔をしていました。

ワインB

ワインA 







応用生物学科ではこのワイナリーから協力要請があり
新しいタイプのワインの開発に協力しています。

応用生物学科ではこの協力体制を強固にするために
プロジェクトを立ち上げまして、在校生にもプロジェクトメンバーに
参加してもらっています。

今後もこのプロジェクトの進捗状況を報告して行こうと思います。

火曜日担当:田中
(初回から大遅刻で水曜日に記入になっちゃいました(汗))

n-90811554 at 8:49 | この記事のURL | |