応用生物学科ブログ 個別記事

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 中級バイオ技術者をめざす人のための学科情報ブログ 応用生物学科

オープンキャンパス・体験入学

生物相手は大変だ!

2011年01月20日 生物相手は大変だ!

小学校でやりたい人とやりたくない人が二極化した
「飼育係」ってありましたか?

私の小学校では夏休みだろうが春休みだろうが冬休みだろうが
当番に当たったら必ず飼育小屋の掃除と餌あげに行く必要が
ありました。(当然、土曜日も日曜日も)

なので私は「やりたくない派」でした。しかし、それをも押しのけて
「やりたい派」の人もいるのです。当時は物好きな人もいるもんだと
思っていましたが、今は生物を相手にする人になってしまいました。

バイオテクノロジーは生物を対象に化学を駆使して解明・応用する
技術です。なので、自分の事は二の次・三の次です。
(休みが定期的なんて事はあきらめる事です。)

さらに、生物の実験は取り返しがつきません。
腐った卵を復活させる方法がないようにダメになったらその時点で
終了です。なので、すさまじい集中力が必要になります。

目に見えない物を取り扱うので、勉強力と想像力が飛びぬけて
必要になります。見えない物をまるで見えているかのように
模式的に想像する必要があるのです。

実験って基本的に肉体労働です。細かい作業は座ってしますが
立って行う作業や移動する事がほとんどです。なので体力勝負。

危険な試薬類を数多く使うので「注意事項」がいっぱいあります。
全てを頭にいれて、全てを同時に実行する賢さが必要です。

時間が決められていて、集中力・想像力を必要とされて
常に勉強する努力を惜しまず、体力と賢さと器用さを求められます。

改めて書き出すと条件が多いですね。

この分野の人たちは圧倒的に体力・知力的にタフなわけです。

n-90811554 at 16:14 | この記事のURL | |