応用生物学科ブログ 個別記事

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 中級バイオ技術者をめざす人のための学科情報ブログ 応用生物学科

オープンキャンパス・体験入学

応用生物学科 新専攻 化粧品専攻

2020年07月01日 応用生物学科 新専攻 化粧品専攻

応用生物学科では2021年4月入学の方より専攻の見直しをはかります。
旧来の医薬、食品、環境、バイオテクノロジーから
医薬品、食品、化粧品専攻へと進化します。

とはいえ、実はあまりやることは変わらないのです。
化粧品は法律上、薬機法(旧 薬事法)と呼ばれる法律の中に
はいる医薬品の仲間なのです。何が違うかというと、化粧品の方が
効き目が穏やかだったり体の清潔さなどを保つ目的の物が化粧品です。

なので、現行の応用生物学科でも化粧品会社に就職する人も
何人もいますし、実際に化粧品の試作開発などにも取り組んだり
していました。

IMGP5255

















2020年2月に行われた卒業制作展で発表した
パッションフルーツの香水「Lirico(リリーコ)」です。

さらに、形上みえなくなった環境専攻とバイオテクノロジー専攻ですが
バイオテクノロジー無くして応用生物学科は成り立ちません。
医薬品開発、安全性試験など実験技術はバイオテクノロジーが多くを占めます。
食品はバイオテクノロジーの宝庫です(食べ物が生き物ですからね)。
発酵食品から食品衛生の試験など古くから馴染みがありバイオテクノロジーが
使われている領域です。

環境も無くなるものではありません。SDGsと呼ばれる世界で達成すべき
目標の中でも環境問題は多く扱われています。
医薬品も化粧品も食品も工業製品です。必ず環境負荷は出てきますし
大気・水・土壌が悪い状態ではよい製品は作れません。
なので、業界で働くにあたり環境についての理解がないというのは
ナンセンスになってしまいます。

じゃあ、なんで専攻を変更したの??という事ですが
見やすくして化粧品を追加することもできました。
ただ、選択肢が多いのはストレスになるのです。(わかりづらくなる)

だから、シンプルに目に見えるもの3つに絞って
展開しようという事になりました。

「専攻」と言っていますが「コース選択」ではないのです。
全員が医薬品、化粧品、食品、(バイオテクノロジー、環境)を
学ぶスタイルです。この学びの幅こそが就職率や進学後の活躍に
繋がっているのだと思っています。

7月になりました。応用生物学科でも体験入学を実施してまいります。
事前予約制で感染症 拡大防止対策を打ちながらになりますが
様子を見に来てみてください。

n-90811554 at 12:1 | この記事のURL | |