応用生物学科ブログ 個別記事

テクノロジーで社会を豊かにする。



八王子 2年制 ※八王子校のみ設置 中級バイオ技術者をめざす人のための学科情報ブログ 応用生物学科

オープンキャンパス・体験入学

オンライン授業にオススメ!

2021年02月16日 オンライン授業にオススメ!

2021年4月入学の皆さん

入学準備が進められていると思います。
今後、オンラインで教科書販売があったり(在校生さんは学校で)
しますので、しっかりと学習に必要なものを
購入いただきたいと思います。

さて、今回は新年度始まるときに「あったらとっても便利!」と
言うものをお伝えしたいと思います。
このコロナ禍において昨年から『オンライン授業』を
実施してきました。そして、4月になると新型コロナウイルスは
すべていなくなるわけではないと予想されますので
しばらくは『オンライン授業』が必要になると思います。

そこで、1年間このオンライン授業を受けた経験者たちから
聞き取りをしてあったら良かったをまとめてみたいと思います。

<< ノートPC >>
オンライン授業はスマートフォンでも見れなくはないですが
やっぱりパソコンでの受講が楽。デスクトップPCは
持ち運びができないので、やっぱりノートPCは欲しい1品だそうです。

ただし、授業で主に使うのはZOOMやMicrosoft OfficeのWord、Excel
Powerpoint、Google ClassroomやGoogle Form等なのでそれほど
ハイスペックなものはいりません。
(Microsoft OfficeもGoogleにドキュメント、スプレッドシート、
プレゼンテーション等があるので同等のことができます)

おすすめは学校に持っていっても使える小型軽量のもの。
実験室で使っていてもスペースを取らないのでとても良いです。
例としてはMicrosoftから出ているSurface Go 2です。
タブレットとしても使えますし、キーボードカバーをつけると
ノートPCのようにも使えます。(何か1台を!と言われればコレ!)

それ以外にも候補はありますがPCに強くない人が気をつけるポイントは
1.Windows 10のPCであること。(Chrome Bookというのが
  ありますがちょっと挙動が違うので要注意です)
2.メモリ4G以上(できれば8G)、ストレージ125G以上(できれば256G)
3.そこそこ有名なメーカーを選ぶこと
 (日本の家電メーカーでなくてもDellやASUS、Lenovo、
  iiyama、HP、Acerやドスパラ、パソコン工房などもOK)
なんていうのを守ってもらうと良いと思います。
おおよそ5万円以下でちゃんと使えるものが手に入ります。
Surface Go2は公式サイトで学生・保護者割引を使って6万3000円くらいと
Officeソフトが入っているので高めで、アクセサリもタイプカバーが
あったほうが楽なのでちょっとお高く付いてしまいますが。
(Office Word、Excel、Powerpointが入っているか等はお値段と相談)
DSC_7726






Youtuberが使うようなゲーミングPCやクリエイター用のPCは
完全に持て余しますので特に必要の無い人は不要です。
Surface Go 2は使っている先生もいるので安心して相談できます。

<< イヤホン >>
オンライン授業は部屋で受けたり、場合によっては学校で受けたりも
できます。そんなときに必要なのはイヤホン。
高性能なイヤホンでなくてもある程度集中できるイヤホンがいいですね。
2万円もするイヤホンでなくてもApple Ear Pods(3.5mmヘッドホンプラグ)
なんからな2500円くらいでマイクもついてて手頃ですね。
Bluetoothという無線のやつもありますが、おすすめは有線です。
Bluetoothを大勢で使っているとちょっとした音の途切れができたり
するのでやっぱり有線接続は圧倒的に強いです!
さらに充電切れもないですし。

カナル型(耳の中にパッドを押し込む)タイプと
インナーイヤー型とありますが疲れないタイプのものを
選択しましょう。耳が痛くならないのが最優先です。

DSC_7727

学生さんに使っているイヤホンを
お借りして撮影しました。
やっぱり有線接続は音切れがなくて
とても良いそうです。
イヤーフックもあると落ちないので
鬱陶しくないとのこと。



<< 有線LANのついたUSBハブ >>*ポケットWifiの方は不要です。
Wifi接続は当たり前の時代ですが、やっぱり有線接続は
そのスピードや安定性には圧倒的な強さがあります。
初期のオンライン授業での一番の不満点は「音の飛び」と
「画像のカクツキ」でした。配信側(先生側)は普通に
PCが動いていますので気づきませんでした。
学生さんに教えてもらって有線にしたらかなり改善したと
コメントをくれて改善しています。

それは受信側にもあるようです。
回線を守りたい一番のシチュエーションは
オンラインテストのときです。テストでの断線は本当に辛い。
希望者は学校で受けれるような配慮などをしていますが
自宅で受ける場合はやっぱり受け側も有線LANは強いです。

ただ、ほとんどのノートPCは現在有線LANポートが
ついていません。有線LANポートなどがついていると
15.6型や17.3型という大きなノートPCになってしまいます。
(値段も10万円から30万円位するゲーミング用ですね)
そこでオススメなのがUSBハブです。
DSC_7728
先生が使っているちょっと
いいやつでAnkerという
メーカーのやつです。


紹介したもの以外でも「USBハブ 有線LAN」とか
調べてもらうと1500円程度で手頃なものが手に入りますね。

この3点はあると圧倒的に授業が受けやすい!!と
学生さんが教えてくれました。

有線接続って配線があってめんどくさいのですが
配線があること以外は無線よりメリットだらけです!

応用生物学科ではオンライン授業は「Live授業」で
行っています!なので好きなときに動画を見るという
スタイルではなくて、その日一発の勝負です!
(もちろん録画もされて、後ほど見返せるように
 アーカイブ化されますので万が一回線不調などが
 あった場合も大丈夫です!)

無駄にお金をかけずとも良い環境で授業が受けれるのが
BESTですね!参考にしていただければと思います。


n-90811554 at 11:23 | この記事のURL | |